犬毛糸ができるまで


 
犬毛糸ができるまでの工程を少しご紹介します。

  1. 洗い

    お預かりした大切な毛糸を洗います。
    残念ながら、ごみと毛は分別できません。ごみが入っている場合は、毛糸に練り込まれて一緒に毛糸になってしまいます。毛を集める際、床に落ちた毛は入れないよう、よろしくお願いします。
    リンク:毛の集め方

    洗い終わった後は、陰干しします。
    この工程で使うネットは、衛生を考えて、毎回の注文ごとに使い捨てにしております。
    リンク:衛生についてのお約束

  2. カーディング

    紡ぐ前に毛を揃えます。優しくやさしく、丁寧にていねいに。
    カーディング300-角丸

  3. 紡ぎ

    糸紡ぎ機で毛に撚りをかけ、糸にします。
    糸車_300400

  4. 撚り止め

    糸を蒸しあげる事で、撚りが戻ってしまうのを防ぎます。
    70度以上の高温で数十分蒸すので、ダニの心配もご無用です。ダニは、温度50度以上の高温、湿度が55%以下では生息できないといわれています。
    蒸し中300

  5. 毛糸完成

    陰干しした後、糸を毛糸玉にし、完成です!
    世界でたった一つの、ワンちゃんの毛糸玉が出来ました!
    毛糸300

 

ご注文・ご相談・お問い合わせは、「ご相談はこちら」のフォームよりお伺いしております。