どんな作品が作れるの?

どんな作品が作れるの?



犬の毛を毛糸にすれば、編んで出来上がるものならば、基本的には何でも編めます。

犬毛糸は、実際に毛糸を作ってみなければ、どんな毛糸になるかわかない性質を持ったものですが、「犬と毛糸」では出来上がった毛糸と一緒に以下をお届けしています。

  • 毛糸の長さ
  • 毛糸の重さ
  • 毛糸の特徴などを記載した鑑定書

これらが作品作りのお役立てば、大変嬉しいです。
毛の性質に関しては、以下ページで説明しております。
リンク: 犬毛糸ってどんなもの?

毛がどのくらいの期間で何g集まるかは、犬種によって様々です。
同じ犬種でも個体差が大きく、ブラッシングの習慣でも大きく変わります。
毛を作る工程で必ず損失してしまう毛は必ず一定量あり、その損失率がどのくらなのかも、毛によって様々です。
同じ重さの毛あっても、毛の質によって出来上がりの長さは異なります。

一つとして事前にお伝えする事ができないのは残念なのですが、どんな毛糸になるのか、私たちと一緒に楽しんで頂けると幸いです。素敵な毛糸である事は間違いありません。

「犬と毛糸」で、実際に作った作品について、いくつかご紹介します。



集めた期間と作品

例1 .ミニチュアシュナウザー 6kg 年齢7歳
1年弱で毛を120g貯め、女性もののベストにしました。透かし編みのように編むと、使用する毛の量が少なくてすみます。

例2 .ロングコートチワワ、2kg 年齢3歳
1年でスーパーのホームセンターの買い物袋大にいっぱいの2袋貯め、女性ものの長袖セーターにしました。

この2つのご家庭では、週に1~2回ブラッシングをしており、ブラッシング自体を「皮膚の血行を良くするマッサージ」と捉え、飼い主との良いコミュニケーションにしています。

例3 .柴犬、8kg 年齢11歳
約1年半年で500g程貯め、女性ものの長袖セーターにしました。

こちらのご家庭は、普段は週1回程、換毛期は毎日、夏は2,3日に1回ブラッシングをしています。

TOPアイコン6-3



作品と量

毛糸の必要量で言えば、
セーターと一口に言えど、目が詰まっているしっかりとした編地のセーターや縄編みなどの模様が入っているセーターは、毛糸の量がたくさん必要です。
反対に、透かし編みを多く使ったセーターや、ざっくりと大きい目で編んだセーターは毛糸の量が少なくて済みます。

耐久性の面では、ざっくり編んだセーターは、型崩れや洗濯で伸びてしまう可能性があります。

犬毛糸の多くは、繊細ですので、編んでいる途中に糸が切れてしまう事もありますし、どんな作品でも繰り返される脱ぎ着や洗濯で早く傷んでしまうかもしれません。

ワンちゃんの毛と羊毛と混ぜると、風合いも良くなり、耐久性もあがります。
ですが、耐久性がどれほど上がるかは、犬の毛質次第という面もあります。
愛犬100%にこだわりたい方もいらっしゃると思います。

このような事もできます。

  • セーターではなく、モチーフを作りキーホルダーにして飾る。
  • 毛の量を節約するには、透かし編みのように編む。
  • 帽子やマフラーは肌に当たる部分のみ羊毛で出来た毛糸を使う。
  • セーターの裾や袖口の部分は伸びやすいので、羊毛で出来た毛糸を使う。
  • 着用や持ち運びするアイテムではなく、編みぐるみ・モチーフ・コースター状の大きさのもの・膝掛け状のものなど、時折触る程度のアイテムを作成する。
  • 編み方を変えれば、少ない毛糸で編み上がるセーターもありますので、取れる毛の量とどのくらいの期間が必要か天秤にかけて、作る作品を決める事も重要です。
    耐久性を確かめる為に、お試し編み用として、まず少量の毛糸をご注文頂く事も一つの選択肢だと思います。

    TOPアイコン6-3



    期間と量の算出方法

    集めて頂いた毛の損失率は、最初にご説明ができないものですが、平均的な損失率である損失率30%で、どれだけの期間で量が集まるか計算をしてみましょう。
    毛の性質に関しては、以下ページで説明しております。
    リンク: 犬毛糸ってどんなもの?

    総ブラッシング回数
    = ( 作りたい作品で必要な毛糸の量 × 1.3 ) ÷ 1回のブラッシングで取れる重さ

    必要な期間 (単位:日)
     = 総ブラッシング回数 ÷ ブラッシング間隔(何日間隔でブラッシングをしていますか?)

    換毛期もありますし、夏は毛がよく抜けるワンちゃんもいます。
    実際どのくらいの期間で貯まるかは、やってみなければ分かりませんが、ご参考になればと思います。

    TOPアイコン6-3

     
     

    ご注文・ご相談・お問い合わせは、「ご相談はこちら」のフォームよりお伺いしております。